33年
(C)箱舟の聖母社


(65)こんなに六左衛門が好きなのに……マグダレナの想い


 同じ1614年の7月。寺沢に六左衛門が来た。いつものように寺沢藤兵衛の家に向かっている。田んぼは青々と稲が育って、風に吹かれている。藤兵衛の屋敷について、おもやの玄関を開けて叫ぶ。

六左衛門
「こんにちは。藤兵衛さん。マグダレナ。」

 奥からドタドタと走る音。マグダレナだ。はだしで玄関の土間に飛び降りて六左衛門にしっかりとだきつく。

マグダレナ
「六左衛門……。」

 マグダレナは六左衛門の胸に顔をうずめて、力まかせにギューギューしがみつく。六左衛門は笑っていう。

六左衛門
「こんなあいさつをするのは、マグダレナだけだよ。怪力だね。」

マグダレナ
「いじねんもあえねがったんだがら、あだりめだべった。」
(一年も会えなかったんだから、あたりまえでしょう。)

六左衛門
「11ヶ月だよ。」

マグダレナ
「とにかぐ、長すぎるべった。まんず、首っこしめでけるが。」
(とにかく長すぎるの。しめ殺してやりたいわ。)

 マグダレナは、六左衛門をはなそうとしない。疲れて腕の力が抜けるまで続けるつもりだ。藤兵衛が玄関に来た。困っている六左衛門を見て笑う。

藤兵衛
「六左衛門さん。まんず久しぶりだな。こんかいは、何日泊まっていぐどごだべ。」
(六左衛門さん、久ぶりですね。今回は、何日、泊まりますか。)

 藤兵衛はマグダレナに、六左衛門をはなしてやれなどとは言わない。マグダレナが心ゆくまで六左衛門に甘えるのをよろこんでいる。

六左衛門
「それなんだけど。これからぼくはこの家に住みたいんだ。」

 マグダレナが、ぱっと六左衛門からはなれる。思わず聞きかえす。

マグダレナ
「六左衛門。このえさすむのが?」
(六左衛門。この家に住むの?)

 両手で胸を押さえ、目も口も大きくひらいたまま、マグダレナは立ちつくす。心臓がドキドキして胸から飛び出しそうになる。頭の中が真っ白になる。

藤兵衛
「このえさ住む。それはいいごどだ。一緒にすんで、いっしょに神様のためにはだらぎましょう。さあ、あがってたんせ。」
(この家に住む。いいですとも。いっしょに住んで、いっしょに神のために働きましょう。さあ、あがって下さい。)

六左衛門
「藤兵衛さん、ありがとう。」

 藤兵衛と六左衛門は、かたまってしまったマグダレナをそこに残して、奥にあがってゆく。しばらくしてマグダレナはふらふらと外に出てゆき、道をあるきだす。

 シストの家だ。カタリナが、洗濯物をとりこんでいる。少し遠くからカタリナを呼ぶ声がする。

マグダレナ
「マリアのかあさん。」

カタリナ
「あらー。マグダレナじゃない。どうしたの。」

 マグダレナがすぐそばまで来て、話はじめる。

マグダレナ
「マリアのかあさん。はなしっこしてもいいが? あのね……おら、心臓おがしぐなりそうなの。あだまもおがしぐなりそうなの。」
(マリアのお母さん、お話ししていい? あのね、私、心臓がおかしくなりそうなの。頭が変になりそうなの。)

カタリナ
「えー。病気なの?」

 カタリナが心配そうにマグダレナの顔をのぞきこむ。おでこに手をあてる。縁側にマグダレナをすわらせ、となりに自分がこしかける。

マグダレナ
「六左衛門がさっきおらのえさきたの。11ヶ月ぶりにしぇ。」
(六左衛門がさっき私の家にきたの。11ヶ月ぶりよっ。)

カタリナ
「キャー、六左衛門が来たの。うれしいわね。今度は何日、泊まってくれるの?」

マグダレナ
「六左衛門は、おらのえさすむっていったのしぇ。」
(六左衛門は、私の家に住むっていったの。)

カタリナ
「えー。マグダレナの家に住むの?」

マグダレナ
「うん。おら、それきいだとだんによ、心臓どがどがしてきて、あだまはなんも考えれねぐなって、たおれそうにふらふらになって、今でも、心臓どがどがしたまんまなのしぇ。」
(うん。私、それを聞いたとたん、心臓がドキドキして頭は何も考えられなくなって、たおれそうにふらふらになって、今でも心臓がドキドキしたまんまなの。)

 カタリナは、吹き出してしまう。

マグダレナ
「なしてわらうのよ、おらっておがしが? おらってへんだが? なんとしたらいいの? おら、六左衛門が大好きなの。一緒に住んだら結婚しでぐってたまんねくて気がくるってしまうがも。」
(何で笑うの、私っておかしい? 私ってへん? どうしたらいいの? 私、六左衛門が大好きなの。一緒に住んだら、結婚したくってたまらなくて、気がくるってしまうかも。)

 カタリナは、青ざめているマグダレナの真剣さに胸を打たれる。

カタリナ
「ごめんなさい、笑っちゃって。マグダレナは変じゃないわ。いちずで純粋なのよ。」

 カタリナは、マグダレナを胸にだきよせる。

カタリナ
「かわいそうに。こんなに六左衛門が好きなのに……。」

 同情心にあふれ、単純で、行動派で、子どものようなカタリナだ。

カタリナ
「実は、私、六左衛門の口から、彼が独身をつらぬくつもりだって聞いたことがあるの。でも六左衛門もあなたのこと好きよ。」

マグダレナ
「ほんとだがな? いっけもすぎっていってけねのに。」
(本当に? 一回も好きっていってくれないのに。)

カタリナ
「ええ。まちがいなく六左衛門はあなたのことを好きよ。二人はお互いに好きなんだから結婚しなきゃだめよ。
 よーし。私、二人が結婚するように祈っちゃおう。シストにも祈ってもらおう。シスト家全員で祈るわ。林の親分にもおかみさんにも祈ってもらうわ。
 うん。これっておもしろいわ。すごい、いたずらよ。六左衛門には秘密で、みんなで『神様おねがい!』って神様にたのみこむの。きっと神様はきいてくれるわ。でもかなったら六左衛門、泣いちゃうかしら。」

 カタリナは、いたずらっぽく笑う。カタリナは、まるで子どもだ。神様と仲良く遊んでいる子どもだ。

カタリナ
「マグダレナは六左衛門に、『好きです!』『良い妻になれます!』っていう二つのことを、おりあるごとに示していくのよ。いい?」

マグダレナ
「どんたふうにしてよ?」
(どんなふうにして?)

カタリナ
「そうね。食事をつくったり、せんたくしたり、さいほうしたり、女仕事をするときに示すの。」

マグダレナ
「うん、やってみるな。」
(うん。やってみるわ。)

 マグダレナは、新しい課題をカタリナに与えてもらって、やっとおちついたようだ。そこへ、六左衛門がやってきた。

六左衛門
「やー、カタリナ、久しぶり。なんだ、マグダレナここに来てたのか。どうしたんだい。だまっていなくなって。」

マグダレナ
「なんでもねー。ロクザエモンがきたごど、マリアのかあさんさ、おしえにいってきたんだ。」
(何でもないの。六左衛門が来たことをマリアのかあさんに知らせにきたの。)

六左衛門
「ああ、そうか、ちょっと心配しちゃったよ。」

 カタリナが、六左衛門とハッグする。だまって、しばらくだきしめながら、心の中でさっそく祈る。(神様。六左衛門がマグダレナと結婚する気になりますように。二人が結婚しますように。)

カタリナ
「どうかおねがい。」

六左衛門
「え、何がどうかお願いなんだい?」

カタリナ
「きゃー。ひとりごとなの。」

 カタリナは、マグダレナに目で合図する。いたずらっぽい顔だ。マグダレナもうれしそうな顔でうなずく。

マグダレナ
「おら、ばんげのまんまつぐりにけるべった。ログザエモン、おら、うんめーごっつぅおつぐるがらね。あごおじねよに、きよつけれな。」
(私、夕ごはんつくりに帰るね。六左衛門、私、おいしいごちそうつくるからね。あごが落っこちないように気をつけてね。)

 マグダレナのうしろ姿を見送る六左衛門の顔を、カタリナは見ている。そして、(やっぱり六左衛門は、マグダレナが好きなんだわ。顔にちゃんとそう書いてあるもの)と、自分の意見に自信を深める。




[ 64 前へ ] [ 目次へ戻る ] [ 次へ 66 ]


2009年6月16日 UP
著者 ジャン・マリー神父・ソーンブッシュ・リトルヨハネ
(C) 箱舟の聖母社



〒012−0106
秋田県湯沢市三梨町字清水小屋14
箱舟の聖母社

 電話・FAX: 0183−42−2762
 Eメール:charbeljapan@nifty.ne.jp
 郵便振替 02260−0−91200




[ HOME ] [ 33年 ]
inserted by FC2 system