33年
(C)箱舟の聖母社


(63)お礼の品……マリア観音


 1614年の5月。寺沢金山にも院内銀山にも、まだ少し雪がとけのこっている。しかし、春は春。初めての北国の冬を、寒さに苦しみながらも、何とか越すことができたキリシタン家族たちのよろこびは大きい。

 新しい生活に自信と希望が持てるようになり、この生活を準備してくれ、迎えいれてくれ、今もキリシタンのために必死になって働いてくれているシストとカタリナに感謝をあらわしたいと、寺沢と院内に来たキリシタンたちは考えるようになった。

 シストとカタリナがよろこぶ何かを贈りたいと皆、思っている。ちょうどこのころ、近江の国からヨアキムとエリザベータという年配の夫婦が、寺沢に逃げてきた。二人は中国製の白磁の観音像をもっていて、カタリナにそれを見せた。

エリザベータ
「私たちは、これだけを大切にもって逃げてきました。」

カタリナ
「わー。これ、マリアさまとイエズスさまなの?」

エリザベータ
「そうです。そのつもりで祈っているんです。本当は、子安観音だから、ちがうんですけどね。」

カタリナ
「でも どうして 赤ちゃんをだいているの? かわいいわ。」

ヨアキム近江
「安産を守ってくれる観音だからですよ。」

カタリナ
「この赤ちゃんがかわいくってたまらないわ。ちょっとかして。みんなに見せてきていい。」

ヨアキム近江
「いいですとも。どうぞ、どうぞ。」

 カタリナは、ヨアキムとエリザベータ近江夫妻の子安観音を、「かわいいでしょう」「かわいいでしょう」と大はしゃぎで皆に見せてまわった。このはしゃぐカタリナの姿を見て、何人もの人が同じことを考えた。

 シスト一家が知らないところで話しは広がり、相談はまとまり、「おれ、そういうほりもの、石でつくれるぞ」と名のりをあげたキリシタンのほり子が、マリア観音をつくることになった。その完成にあわせて、キリシタンたちは感謝の手紙をそれぞれに書いて集めておいた。

 ヨアキムとエリザベータ近江夫妻は、30年以上前に信者になっており、キリシタンの教えを説明するのも上手で、子どもたちや、まだキリシタンになって間もない人々のために先生となって教えることができるということがシストやカタリナにわかった。

 院内銀山にも同様に、関西からキリシタンになって30年以上たっている人が逃げてきていて、やはりこの人たちも学があって、教えの説明が上手な人が多い。そこでシストがカタリナにこうきりだした。

シスト
「カタリナ、寺沢と院内のキリシタンの共同体に足りないものは何かわかるかい。」

カタリナ
「何かしら。」

シスト
「子どもたちや、キリシタンになりたい人や、なって間もない人に、キリシタンの教えをしっかりと教えたいと思わないかい。」

カタリナ
「うん。思うわ。」

シスト
「ヨアキム近江夫妻のような人、年配で、学があって、古くからのキリシタンで、教えるのが上手な人たちが院内にもやってきているんだ。彼らに学校を開いてもらったらとぼくは思っているんだ。答えは学校。」

カタリナ
「わー。学校……。私、学校のことはさっぱりわからない。」

シスト
「ぼくもだよ。ぼくたちがやるんじゃなくて、ヨアキム近江夫妻に中心になってもらってさ。」

カタリナ
「いい考えね。それ。」

シスト
「じゃ、今度、寺沢と院内の主な人たちを呼んで、話し合いをしようね。」

 ということで、シストは日時を決めて寺沢と院内のキリシタンの主だった人達とキリシタンの教えの先生になってくれそうな人達を家に呼んだ。

 そして、その日が来た。つけものとお茶を用意していると、戸がたたかれた。シストとカタリナは玄関の戸を開けて、外を見て、びっくり。すごく多勢の人が集まっている。江戸からきた約100人が、みんないる。林の親分と三太夫親分がつれてきたのだ。

 他にも、来れるキリシタンで、迫害のためにそのあと逃げてきた人は、みんな来たようだ。台が置かれていて、何かが白い布をかけられておいてある。そのとなりに杉の木の箱がある。クララが、そこに恥ずかしそうにして出てくる。

クララ
「おとうさん。おかあさん。ちょっときて。」

 シストとカタリナは、クララが何か代表してするみたいなので、「何だろう?」と顔をみあわせながら外にでてくる。クララはできるだけ大きな声を出す。皆に聞こえるようにだ。

クララ
「おとうさん、おかあさん。今日、お礼がしたくって、私たち集まりました。おとうさんとおかあさんがいなければ、私たちはいったいどうなっていたことでしょう。私は……」

 クララは、家も食べものもなかった日々と、生みの父親の斬首の遺体が切りきざまれたことを思い出して、しゃべれなくなった。泣きながらやっと言う。

クララ
「これ取って。これ、お礼の品。」

 シストが白い布をとる。あらわれたのはマリア観音だ。

カタリナ
「まあー。こんな……。どうしよおー……。」

 皆が手をたたいている。クララの涙に同情のもらい泣き。それに今、よろこびのうれし泣き。カタリナは、クララをハッグし、なぐさめながら、口は「ありがとう」をくり返す。シストは母性あふれるマリアママの姿に、たちまちとりこになる。イエズスもとてもかわいらしい。

(この石を彫って作ったマリア観音は、今、寺沢の殉教公園のてっぺんに「北向き観音」と呼ばれて、小さなお堂の中に置かれている。シストとカタリナの殉教の直後から、約4世紀にわたって、ここにおかれ、崇敬されてきている。)

シスト
「何てすてきなマリアママとイエズスの石像なんだろう。ぼくは、うれしくって胸がいっぱいで……」

 シストも感きわまってしまった。ここまでくるのに、ならずものたちをひきいて、神の国の敵と、祖国の敵と戦ってきた20年があるのだ。

 シストとカタリナが目の前にしているのは、ならずものたちが受け皿となって迎え入れられた品行方正なキリシタンたちだ。これは20年の実りのほんの一部にすぎない。

 今、現実に、ならずものたちの巨大な地下教会が存在し、そこに数万人の品行方正なキリシタンたちが全国から流れこんできている。

 しかし、シストとカタリナは自分をたいしたものだとは、これっぽちも考えない。実りの巨大さが、これは自分たちの手がらでは決してないのだと確信させるのだ。シストは続ける。

シスト
「皆さん、ぼくとカタリナはいったい何者でしょう。高麗(こうらい)から連行されてきた時は、ぼくは20才、カタリナは15才の若い夫婦。戦利品の奴隷。キリシタンでもなく、日本語も知らない、みじめな二人でした。
 そんな、ぼくたち二人がいったい何をしたというのでしょう。二年後、石見銀山に連れていかれてから、その時、その時、神様が思いつかせてくれることを、そのとおりにやってきただけです。
 神様ご自身が全てをなさったのです。ぼくたちはただ、神様に道具として使っていただいただけです。ぼくもカタリナも、立派なことは何もできない人間で、最低最悪で、何も知らない子どものような者です。
 ぼくたちは、祖国の敵、秀吉と侵略軍をゆるせない、愛せない、祝福できないでいた長い期間、自分たちが最低最悪の人間だって痛感させられました。
 二人は、その時から、どんな悪い子も決して見捨てないお母さんのマリアママのことが理解できるようになりました。そして、マリアママ的な地下教会をつくろうって語りあってきたんです。
 ならずものたちではじまり、今、信仰を捨てると誓約した人も、苦しみは耐えられないと迫害をさけて逃げてきた人も加わったので、この地下教会は、どんな子も見捨てないマリアママ的な地下教会だということが、本当に証明されました。この石像は、そのしるしのように見えます。
 マリアママ的な地下教会の姿のように見えます。皆さん本当にありがとう。この石像はぼくたちの家で大切にあずかります。ぼくたち二人が殉教したら、この石像は皆さんのものにしてください。」


 聞いている皆は、「マリアママ的な地下教会」「どんな子も決して見捨てないマリアママ」という言葉に感動している。神さまは、そしてマリアママは、どんな悪い子も決して見捨てないというのは、何とすばらしいことだろうと。

 それだけでなく、皆は、この大将と女大将自身が、どんな悪い子も見捨てない、羊のためによろこんで命を捨てる本当の牧者だと思う。

 今、シストとカタリナは見つめあい、ほほえみをかわす。それを見て、カタリナにだきついていたクララがいう。

クララ
「おかあさん、おとうさん、となりの箱にはお礼のお手紙がいっぱいはいっているの。」

 シストがふたをとった。手紙がふちまでいっぱいだ。ぶ厚いものもけっこう多い。実はこの手紙は、お礼だけが書かれているのではない、当然のことだが、それぞれ書いた人の体験が書かれているのだ。それを読むことでシストはいろいろな情報を得、今後に役立てることになる。

 このびっくりプレゼントの贈呈式のあと、シストの家では学校について話し合われ、ヨアキム近江夫妻が中心となって、信仰教育の学校がはじめられることになった。ヨアキム近江とエリザベータ近江は、こうして中心的なキリシタンとして、今後10年間働くことになる。




[ 62 前へ ] [ 目次へ戻る ] [ 次へ 64 ]


2009年6月14日 UP
著者 ジャン・マリー神父・ソーンブッシュ・リトルヨハネ
(C) 箱舟の聖母社



〒012−0106
秋田県湯沢市三梨町字清水小屋14
箱舟の聖母社

 電話・FAX: 0183−42−2762
 Eメール:charbeljapan@nifty.ne.jp
 郵便振替 02260−0−91200




[ HOME ] [ 33年 ]
inserted by FC2 system