33年
(C)箱舟の聖母社


33−44 「岩瀬の御台のこころの友」



1603年、春、六左衛門が、石見銀山をおとずれると、カタリナのおなかが大きくなっていることに気づいた。

カタリナ 
 「六左衛門、私ね、もちろん神様におまかせしていて男の子でも女の子でも感謝するけど、女の子が欲しいな。」

六左衛門
 「そうだね。女の子だったらいいね。」
 
六左衛門は、そう答えながら若く美しく悲しげだった岩瀬の御台が目に浮かんでしまった。それで、まだ話ししていなかったあの身の上ばなしをカタリナとシスト、そして9才だから、もう何でも大人の話ししに興味があるルイスにしてやった。カタリナは、かわいそうにと言って涙をこぼしながら聞く。ヨアキムぼうやもそこにいる。5才だ。お母さんが泣くのでもらい泣きしている。わからないのに。この子は優しい子だ。本当に。

シスト
「女には自由が少ないねえ。六左衛門、そのかわいそうな人に、ぼくに教えてくれたようにさ、魂の自由だけはいつでもある。苦しみや悲しみを、この十字架大好きっておおよろこびでだきしめるか、大きらいって言って不平不満だらけになるか自分でえらべる自由がある。どんな苦しみも、この十字架、大好きってよろこんで受け入れられたら、魂の戦いに勝ったっていうことでその勝利にかんしてもよろこべるんだよって教えてやってほしいな。」
 
六左衛門は、思い出してなつかしそうな表情になる。

カタリナ
「そうだわ。あの涙のクリスマス。私も花嫁の愛を教えてもらった。イエズスと同じ苦しみ同じはずかしめ、同じ十字架。イエズスを花むことして愛するなら、花嫁のしあわせは花むこと同じ運命にあずかることだって。その人にこれを教えてあげてよ。六左衛門。」

六左衛門 
「うん、そうするよ。」
      

六左衛門はこう言って、あとの言葉はのみこんだ。それを忠実に実行しているシストとカタリナのことも話しそうと言おうとしたが、やめろ、やめて、と反対するに決まっているから、だまっていて許可なんかとらずに話ししてしまえと考えたのだ。そしてその通り実行した。

岩瀬の御台は、シストとカタリナのことを知ってすごく心をうたれた。

岩瀬の御台
「私、シストとカタリナを模範にするわ。」
シストとカタリナは、彼女の心の友となったのだ。
?
?




2008年11月22日 UP
著者 ジャン・マリー神父・ソーンブッシュ・リトルヨハネ
(C) 箱舟の聖母社



〒012−0106
秋田県湯沢市三梨町字清水小屋14
箱舟の聖母社

 電話・FAX: 0183−42−2762
 Eメール:charbeljapan@nifty.ne.jp
 郵便振替 02260−0−91200


[ HOME ] [ 33年 ]
inserted by FC2 system