33年
(C)箱舟の聖母社


33−33 「神よ、あなたはよい方です。」



弱いもの、ちっちゃいものに、これほど明らかにあらわれた神の栄光。彼らに注がれた神の力。彼らに与えられた、神のあわれみ。神よ、あなたは善い方です。神様ありがとう、という賛美と感謝だ。

カタリナ 
「私、あの3人の子を絶対忘れないわ。あの子たちにならいたいの。ちっちゃいままでいて、どんな時にもよ、殺される時にもよ、神様ありがとう。あなたは、ほんとうに良い方です、て言いつづけるの。」

シスト
「ぼくもだ。あの一番ちっちゃなルドビコが、自分のための一番ちっちゃな十字架にかけよってその木をだきしめたのに、ぼくはならいたいよ。この十字架、大好きって、苦しみとはずかしめ、そして、死までもだきしめたいよ。」

12才の高らいの男の子ルドビコ茨木(いばらぎ)の印象が最も強れつに、2人の心に残ったかのようにみえる。しかし、パウロ茨木(いばらぎ)の言葉とレオン烏丸(からすまる)の説教は、2人を今からおそうとほうもない打撃にそなえ、神が語らせたとしか思えない。2人は、彼らの言葉の重さを理解し、その言葉でもってかろうじて自分を支えることになるのだ。

1597年の4月、前回の訪問で、殉教者たちの最期を伝えてくれた六左衛門が、今回もってきた知らせは、シストとカタリナの胸にやいばを突きたて、えぐるようなものだと六左衛門自身が、よく分かっている。友情は、彼らの心と六左衛門の心を深く結びあわせており、彼らにとって何が一番苦しいことか、六左衛門には手にとるようにわかるのだ。しかし友情で結ばれているがゆえに、かくすことはできない。六左衛門は、今晩大事なことを話すと言い。すぐには、言わない。林の親分とおかみに唐人屋敷に来てもらうという。日がくれて、林の親分とおかみがやってきた。六左衛門が、とうとう伝える時がきた。

六左衛門
「シスト。カタリナ。君たちの祖国にとって最悪の事態だ。秀吉が、さらに14万人以上の大軍を、高らいにせめこませることにきめた。義兵を皆殺しにして、高らいを制服するつもりだ。」

シスト 
「そんな・・・・。」

カタリナ
「うそ・・・・・。」





2008年9月20日 UP
著者 ジャン・マリー神父・ソーンブッシュ・リトルヨハネ
(C) 箱舟の聖母社



〒012−0106
秋田県湯沢市三梨町字清水小屋14
箱舟の聖母社

 電話・FAX: 0183−42−2762
 Eメール:charbeljapan@nifty.ne.jp
 郵便振替 02260−0−91200


[ HOME ] [ 33年 ]
inserted by FC2 system