33年
(C)箱舟の聖母社


33−31 「日本人ほどあわれな国民はいない」


パウロ茨木
「愛する兄弟。高らいから連行されてきたなら、ひどいめにあったでしょう。
つらいめにあったでしょう。でも、憎しみではなく愛ですよ。うらみではなく、
ゆるしですよ。怒りではなく、柔和ですよ。さばきやのろいではなく、祝福と
祈りですよ。」

シストとカタリナは、うなづきながら聞いている。言葉を耳と心にきざみつけようと必死になって、そして姿と顔を目に焼きつけようと見つめている。あふれでる涙にじゃまされながらも、人間は不条理で残酷な強烈な体験によって、まっぷたつに分かれる。無理やり選ばされるといってもよい。憎むか、愛するか。うらむか、ゆるすか。怒るか、柔和にふるまうか。さばき、のろうか祝福し祈るか。中間のない両極へと分かれていくのだ。シストとカタリナ、林の親分とおかみ、そして六左衛門にとって、まさに今、神からの問いかけがなされている。そして、殉教者たちの姿は、その言葉よりもはるかに強く、愛とゆるしと柔和と祝福と祈りを選ぶことを呼びかけてくるのだ。
パウロ茨木(いばらぎ)の弟のレオン烏丸(からすまる)は、日本人のらい病者の世話に身をささげてきた説教師だ。今、彼は、高らいの言葉での最後の説教を、シストとカタリナにしてあげようと口を開く。

レオン烏丸
「愛する兄弟。同じ祖国を愛し、同じ神を愛する兄弟よ、神との一致を目指しなさい。それは、あわれな人間ほど、なおさらあわれむということです。私は、イスパニアのパードレや修道士と、この国のらい病者の世話をして、よくわかりました。日本人ほど、魂がくらやみにとざされているあわれな国民はいないと。日本人は、みんながやるからやる。みんなが、やらないからやらない。このような生き方に、がんじがらめにしばられています。目の前に、どれほどかわいそうならい病患者が苦しんでいても、みんながほっとくからほっとく、みんなが逃げるから逃げる。そうして良心も痛まない、かわいそうな国民です。
正しいことを正しいからという理由で行う。正しくないことを正しくないからという理由で行わない。もしこの国民にこれができるなら、私達の祖国を侵略することもなく、自分の同国民を、らい病者だからといって、のたれ死にするままにほっておくこともないでしょうに。神は、私たちをあわれんで下さいました。こうして、キリシタンになれたのですから。最もあわれなめにあった私たちを、神があわれんで下さったのですから、その神とともに、魂において最もあわれなこの国の人々をあわれみましょう。愛する兄弟、これが、私たち三人のあなたたちへの遺言です。さよなら、天国であいましょう。」

とうとうカタリナが泣き崩れてしまった。しゃがみこんだお母さんが、全身をふるわせておえつして泣くので、ルイスぼうやも、ワンワンと泣き出す。シストは、片手でルイスぼうやをだきあげ、片手でカタリナの背中をさする。六左衛門と林の親分とおかみが、シストたちを見つけてやってきて、皆そろった時、全員が泣きはらした目をしていた。六左衛門は、殉教者たちの最期をみとどけるために、長崎に向かい、あとの皆は、いわみ銀山への帰途についた。




2008年9月20日 UP
著者 ジャン・マリー神父・ソーンブッシュ・リトルヨハネ
(C) 箱舟の聖母社



〒012−0106
秋田県湯沢市三梨町字清水小屋14
箱舟の聖母社

 電話・FAX: 0183−42−2762
 Eメール:charbeljapan@nifty.ne.jp
 郵便振替 02260−0−91200


[ HOME ] [ 33年 ]
inserted by FC2 system