33年
(C)箱舟の聖母社


33−30 「おじさん。おばさん。なかないで。」

     
シストとカタリナの心は、たちまち、うめきはじめた。カタリナは、こみあげてくるおえつに口に片手をあてる。なぐさめと、はげましの言葉なんて何も頭にうかんでこない。泣きながらシストが声をしぼりだす。

シスト
「ぼくたちも高らいから連行されてきたんだよ。ぼくたちもキリシタンなんだよ。」
カタリナは、なきくずれそうになってきた。

カタリナ
「ぼうや。神様。助けて・・・・・・。」
ルドビコが、むじゃきに明るく答える。

ルドビコ
「おじさん。おばさん。泣かないで。ぼくは、もうすぐ神様に会えるんだから。しあわせなんだよ。ぼくたち十字架につけられて、両がわから槍でつきさされて殺されるんだって。ぼくは、神様をほめたたえながら死ぬってきめているの。」

パウロ茨木
「それと、神に感謝しながら、だね。」
    
父親らしくパウロ茨木が口をはさむ。

ルドビコ
「うん。神様にありがとうをくりかえしながらね。」

パウロ茨木
「そうだよ。神に賛美と感謝をささげつつ槍を受けるんだよ。」

パウロ茨木は、よろこびを満面にたたえて息子と話している。かわいい声で息子が答える。ニコニコしながらうれしそうに。

ルドビコ
「大丈夫だよ、お父さん。だって、ぼく、頭の中で何度もなんども練習してるんだもん。」




2008年9月20日 UP
著者 ジャン・マリー神父・ソーンブッシュ・リトルヨハネ
(C) 箱舟の聖母社



〒012−0106
秋田県湯沢市三梨町字清水小屋14
箱舟の聖母社

 電話・FAX: 0183−42−2762
 Eメール:charbeljapan@nifty.ne.jp
 郵便振替 02260−0−91200


[ HOME ] [ 33年 ]
inserted by FC2 system