33年
(C)箱舟の聖母社


六左衛門

 えつにいっている林の親分。林のおかみとカタリナは大喜び。新しい名前よりもカタリナは「六左衛門」がすごく気に入ってしまった。

カタリナ
「ねえ、いち、に、さん、し、ご、ろくのろくざえもんなの。」

ルイス  
「そうだよ。いち、に、さん、し、ご、ろくざえもん。」

カタリナ 
「わあ。おもしろい。ねえ。わたし、これからルイすのこと、ろくざえもんって呼んでいい。」

ルイス  
「ああ、いいとも。そんなに、ろくざえもんが気にいったのかい。」


カタリナ 
「うん。何か、口の中でさいころが転がっているかんじ。」

みんな
「えー。」
     
みんな絶句。そして爆笑。

六左衛門 
「さいころの六左衛門か。いいよ。ここでは、ぼくはろくざえもんだ。林一家の掘子の六左衛門。ひとよんで、さいころのろくざえもん。」 








2008年5月21日 UP
著者 ジャン・マリー神父・ソーンブッシュ・リトルヨハネ
(C) 箱舟の聖母社



〒012−0106
秋田県湯沢市三梨町字清水小屋14
箱舟の聖母社

 電話・FAX: 0183−42−2762
 Eメール:charbeljapan@nifty.ne.jp
 郵便振替 02260−0−91200


[ HOME ] [ 33年 ]

inserted by FC2 system